まつ毛の育毛剤

ルミガンを通販で購入しようか迷っています…

次々と新商品が発売され、女性誌やブログを賑わせているまつげ美容液。愛用者たちの口コミで、本当によく効くまつげ美容液の情報はすぐに広がります。

もはやまつげパーマやエクステが古く感じられてしまうほど、まつげ美容液は旬のコスメとなりました。ところで、まつげ美容液のルーツを知っていますか?

そもそもは、「ルミガン」という眼病治療用の点眼液から産まれた偶然の産物でした。ルミガンは安全で効き目も強いので、とにかく結果を求める方に人気です。

まつ毛の美容液は「ルミガン」での育毛から始まった!!

最近のようにまつげ美容液が浸透する前から、比較的早くまつげ美容液に注目してきた人なら「ルミガン」という名前を知っているはずです。

ルミガンは本来まつげ美容液ではなく、眼科で処方される目薬。少量で劇的に眼圧を下げる性質を持ち、緑内障治療薬として使われてきました。

ルミガンに含まれるビマトプロストという成分の副作用として、まつげの密度、長さ、色合いに変化が現れることが認められ、「まつげを育てる」という従来と異なった使用目的が浸透していったのです。

これがまつげ美容液のルーツと言えるでしょう。

また、べつの副作用として目の充血、かゆみなどがありますが、いずれも用法・用量を間違えなければすぐに治まる軽いものです。また、目の周りにクマができたような色素沈着が起きるケースもありますが、ルミガンを塗布した後に、はみ出した部分を綿棒やティッシュで丁寧に拭いておくことでかなり予防できます。

ルミガンの、まつげ美容液としての使い方は1日1回、まつげの生え際にアイライナーの要領でつけるだけ。

ただ、もともと目薬であるだけに塗布するための付属品がありません。綿棒や細い筆につけて使用するか、アプリケーターがセットになっている商品を選択するとよいでしょう。

まつげ美容液「ルミガン」とは?

本格的に化粧をする機会が多くなり、改めて実感したことがあります。それは、自分のまつげがものすごく短くて少ないことです。まつげの長さは、まぁマスカラでなんとかなるのですが、本数が少ないせいで、少しでも多目につけようとすると、すぐに垂れてきてしまうんです。なので、もうこれはマスカラ云々じゃなくて、まつげの方をそもそも何とかしなくては、と思いました。

そこで、何か手段が無いかとネットを調べてみたところ…ルミガンというまつげ美容液に行き当たりました。そもそも、まつげ美容液って何だろう思ったのですが、なんでも、まつげを作る細胞を活性化させることで、まつげを育成したり、細いまつげを太くしてくれたりするのだそうです。美容液とつきますから、せいぜいまつげを綺麗に保ってくれるくらいかと予想したのですが、こんなすごい効果を期待できるんですね。まるで夢のようです。

ちなみに、他にもまつげ美容液は多々あるそうなのですが、このルミガンが一番歴史も長いため、信用性の面でもダントツとのことでした。目の近くに塗るんですから、やっぱりちゃんと信用できる方が良いですよね。しかも、値段もそこまで高くはなく、1か月分くらいで3,000円しないそうなので、私もさっそく購入して始めてみることにします。

まつげ美容液「ルミガン」の副作用

まつげを太くしてくれたり、本数を増やしたりしてくれる、まつげ美容液。今では、数えきれないくらいたくさんの種類が販売されているそうですね。個人的には、たくさん種類があっても、買うなら世界最初のまつげ美容液であるルミガンかな、と思っています。やっぱり、歴史が長いとそれだけ信用できると思うので。

しかしこのルミガンには、看過しがたい副作用が内包されているみたいです。それは、色素沈着。要はシミですね。どこにできるのかと言うと、目尻から目の周りにかけてだそうです。確かに、まつげ美容液は本当にまつげの生え際に塗る分、瞬きで簡単に目尻の方に垂れてしまいますからね。垂れた分くらいじゃ大したことないのでは、とも思ったのですが、人によっては見た目から分かるくらい、濃い色素沈着が生じてしまうのだとか。元々色白の人とかだと、更に困りそうですね。

そのため、まつげ美容液がたくさんの種類売られるようになってからは、ルミガンの人気は少々落ち気味とのことでした。今では、そうした色素沈着の心配が無いまつげ美容液もあるみたいですから、値段によってはみんなそっちになびいてしまいそうですよね。私もルミガンを買うのはちょっと考えようと思いました。

ルミガンでの色素沈着は避けられない!?

まつげ美容液、とりわけ有名なものだと、ルミガンが挙げられると思います。世界初のまつげ美容液ですからね。ちなみに、ルミガン誕生までの経緯はちょっと意外で、最初は緑内障の点眼薬だったところ、使用者にまつげが伸びた、増えたと言った副作用が多々見られたのがきっかけだったそうです。

まぁ誕生経緯はともかく、とにかく、ルミガンが多々あるまつげ美容液の中でも、1番歴史が長いということですね。となると、その分信用できそうですから、個人的にも買うならこのルミガンが無難かな、と思いました。しかし、ルミガンは人によって、かなり困った副作用が出てしまうそうです。それは、色素沈着。つまり、目尻や目の周りに、シミができてしまうかもしれないんですね。これは長期間の使用に伴い、程度に差こそあれ誰でも生じるそうですが、ひどい場合だとかなり目立つくらい濃くシミになってしまうこともあるそうです。

何か気を付ける手立ては無いのかとも思ったのですが、色素沈着の原因は、ルミガンのまつげ育成効果を支えているビマトプロストという成分であるため、ルミガンを使う以上この色素沈着の副作用とは切っても切れないとのことでした。となると、後は美白クリームを塗るくらいしか対策は無さそうですね。

ルミガンで目が充血しても

まつげを育成するために、まつげ美容液のルミガンを使っていると、目が充血してしまうことがよくあるそうですね。副作用の1つみたいです。確かに、体験談や口コミを見てみても、かなりの割合で目が充血した、という声を見ます。となると、目の充血は、本当にありふれた副作用なんですね。

でも、ありふれているからと言って、心配無いことには必ずしもなりませんよね。そこで、ルミガンを使っていて目が充血しても、本当に大丈夫なのか調べてみたところ…全然問題無いとのことでした。なんでも、ルミガンの成分は元々、緑内障の点眼薬に使われていたため、充血以上に何か目に対して悪影響を及ぼす心配は無いのだとか。とりあえずは心配無さそうで良かったです。

それでも、できる限り目が充血するのは避けたいですよね。程度によっては、見た目からも分かってしまいますし。そうした場合は、とにかくルミガンの美容液が目に入らないよう、塗る量を本当に最低限で抑えるのが良いとのことでした。つまり、早く効果が出て欲しいからと、ドバドバ塗るのはダメということですね。面倒ですけど、決して安くないルミガンの美容液も節約できますから良いですよね。私もルミガンを使用する際は意識してみようと思います。

ルミガンの色素沈着は治るの?

ルミガンの使用に伴って、必ずと言って良い程出る、困った副作用があるそうですね。それは、色素沈着。なんでも、目尻や目の周りにかけて、シミができてしまうみたいです。程度にはかなり個人差があって、ほとんど分からない人もいれば、一目で分かってしまうくらい濃く出てしまう人もいるのだとか。また、使用する期間が長ければ長い程、このリスクは高くなるそうです。

でもだからと言って、長いまつげを諦めることは難しいですよね。悩んでいる人は本気で悩んでいるんですから。そこで、ルミガンの使用で色素沈着が生じてしまった場合、ちゃんと治るのか調べてみたところ…あまり情報が出てきませんでした。辛うじていくつか体験談がヒットしたのですが、どれも美白クリームを使ったけど全然効果がなかった、というもので。となると、ルミガンで色素沈着が生じてしまった場合、なかなか治らないと考えた方が良さそうですね。

ただ、なるべく色素沈着が生じないようにする対策はあるみたいです。それは、塗布するルミガンの量を限界まで抑えること。つまり、本当にまつげの生え際にだけ塗って、目尻や目の周りに垂れないようにするんですね。また、垂れた場合はティッシュなどで丹念に拭き取ることも大事とのことでした。

ルミガンでよくある充血の副作用を防ぐには?

先週からルミガンを使い始めたのですが、ある副作用に悩まされています。それは、目の充血。充血の程度としてはそこまでひどくはないのですが、塗る度にそうなるのでちょっと面倒なんです。目の充血は、目の痒みや目尻などの色素沈着と同じくらい、ルミガンではよくある副作用みたいですけど、もうちょっと何とかならないかと思い、対策を調べてみました。

すると、ルミガンの使用によって目の充血が起こるのは、美容液が目に入るからという、かなり単純な理由であることがわかりました。つまり、目の充血を防ぐためには、目にルミガンの美容液が入らないようにすれば良いんですね。ただ、私の場合、専用の筆みたいのは買っていないんですよね。では、そういう場合にはどうすれば良いのかと言うと、塗る量を最低限に抑えるのが一番とのことでした。確かに、そうすれば全部まつげの生え際に留まって、目に入るのは避けられそうですね。

ちなみに私は、少しでも早く効果が出て欲しいからと、1回でかなりの量を塗っていました。どう考えてもこれが原因ですね(笑)。まつげ美容液を無駄にしないためにも、これからは量を抑えて塗布するようにします。あと、より的確に塗布できるような、細い化粧用の筆も探してみようと思います。

ルミガンは効果なし

ルミガンは、世界最初のまつげ美容液ということもあり、今でも根強い人気を保っているそうですね。やっぱり、歴史の長さって大きいんですね。しかし、口コミやレビューを見ると、どうもみんながみんな、まつげの育成効果を実感できたわけではないみたいで、1~2か月くらいで効果を実感できたという人がいる反面、2か月以上使ったのに大して効果が無かったという人も意外と多くいました。

つまり、人によってはルミガンを使っても、効果が得られない場合もあるんですね。こんなのインチキじゃないかって思いますけど、まつげ美容液はどれもそんな感じだそうです。つまり、効果が出るかどうか、出ても程度がどのくらいかには、かなり個人差が激しいんですね。

となると、効果が出ない場合は、なるべく早くルミガンの使用を切り上げて、他のまつげ美容液に乗り換えるのが経済的ですね。ちなみに、通常はどれくらいで効果が出るのかと言うと、2か月くらいが目安だそうです。つまり、2か月以上使用しているのに、まつげに何も変化が見られなかった場合は、ルミガンではダメだと判断すべきなんですね。私の周りにも、最近ルミガンを使い始めた友人がいるので、機会があったら教えてあげようと思います。

ルミガンの効果が出るまでの期間は?

ルミガンを使えば、まつげの本数を増やしたり、太くコシのあるまつげにしたりできるそうですが、効果の出具合にはかなり個人差があると聞きます。実際、体験談や口コミ、レビューを見てみても、評価は二極化していました。つまり、効果が出たという人と、まったく出なかったという人の両方がいるんですね。

では、通常だとルミガンは、どれくらいの期間使い続けると効果が出るものなのでしょうか?いくつかのサイトを調べてみたところ、これにもかなり個人差があるそうです。最速だと2週間くらいで効果が実感できるそうですが、一方では1か月以上かかったという場合もあるらしく。そのため、ルミガンはどんなに効果が実感できなくても、最低2か月は使い続けた方が良いみたいです。

これは裏を返すと、2か月以上使い続けたのに何も効果が出なかった場合は、ルミガンは止めた方が良いということですね。効果が無くても最低2か月ですか…うーん、ちょっとモチベーション保つのは大変そうですね。ただ、効果が無かったと言っている人は、1か月くらいで使用を止めてしまっている場合が多いため、根気強く2か月くらい続けていれば、大なり小なり効果が実感できる可能性は高いとのことでした。

どれくらい使えばルミガンの効果は出るの?

先月の終わりくらいから、まつげのためにルミガンを使い始めたのですが、まだこれといった効果は見られません。使い始めてそろそろ1か月が経つので、もう効果が出ても良さそうですけどね。それとも、ルミガンは人によってはまったく効かないこともあるそうですから、私のそうなのでしょうか(もしそうなら、ルミガンも決して安くないので、ダラダラ続けるよりも、新しいまつげ美容液に乗り換えようと考えています)?

気になって調べてみたところ、ルミガンの効果がどれくらいで出るのかには、結構個人差があるそうです。早ければ2週間くらいで効果を実感できる場合もあるそうですが、遅ければ2か月近くかかる場合もあるらしくて。そのため、ルミガンは最低でも2か月は使い続けた方が良いみたいです。これはつまり、2か月くらい使えば大抵の場合は、まつげの育成効果が出るということですね。

私は1か月くらいしか使っていないので、まだ全然だったんですね。とりあえず、そこまで早期に効果が出るわけじゃないと分かって安心しました。効果が出ない内はモチベーションを保つのがちょっと大変とは思いますが、効果が出ると信じて、最低後1か月は頑張って続けようと思います。

まつげ美容液「ルミガン」の効果的な塗り方

まつげ美容液、とりわけ販売歴がダントツで長いルミガンは、今日本人女性の間でとても人気だそうですね。確かに、まつげを伸ばせたり、本数を増やせたりしたら、一生懸命マスカラで誤魔化す必要も無いですからね。でも実際、ルミガンの塗る部分は、まつげの生え際じゃないといけないので、これが結構大変みたいです。

確かに塗りやすい場所じゃないですよね。専用のアプリケーター(細い筆のようなもの)を使っても大変らしく、慣れない内は結構ボタボタとこぼしてしまう人も多いそうです。ただ、そうした失敗は、塗る場所の際どさもそうですけど、大部分は非効率的な塗り方が原因みたいです。つまり、無駄に多く塗ろうとするから、その分ボタボタとこぼれてしまうんですね。

では、どんな塗り方が効果的かと言うと、量はまずほんの少しで良いとのことでした。そして、塗るのも上のまつげの生え際だけで良いそうです。なぜなら、就寝して上下瞼が合わさっている間に、美容液がちゃんと上のまつげから下のまつげに浸透してくれるからです。個人的には、上下のまつげの生え際にたっぷり塗るようなことをイメージしていたので、とても意外でした。私も近々ルミガンに挑戦してみたいと思っているので、使用の際はこの塗り方を意識してみます。

ルミガンの副作用の画像を見ました

そろそろ新しいマスカラ購入しようかなぁと商品をネットで吟味する途中で、まつげ美容液「ルミガン」というものに行き当たりました。全然聞いたことがなかったので、少し興味が湧いて調べてみると、まつげを長くしてくれるそうですね。しかもボリュームもアップしてくれるのだとか。これ良いなぁと思いました。まつげが長ければ、毎回マスカラ苦労して塗りたくる必要ありませんし。

なので、使用している人のブログをいくつか訪問してみました。すると、長く使えばそれなりに効果があることがわかり、これは本格的に検討してみようかなと思いました。よくある副作用として、目元の色素沈着があるみたいですが、実際の画像を見る限り、そこまで目立たないというか…そのブログ主さんがちょっと色白なので、目立つのもそのせいなんだと思います。その点、私は色白でもないので、色素沈着よりもまつげ伸びる方がメリットは大きいので、今度時間ができた時にでも、個人輸入サイトを巡って吟味してみます。

ルミガンの実際の効果の画像が見たいです

まつげを伸ばしてしかもボリュームまでアップしてくれるらしい、「ルミガン」というまつげ美容液が女性の間で話題を呼んでいるそうですね。私もそれにつられて、最近では使ってみたいと思っています。ただ、効果が実際どうなのかってよく分からないんですよね。どれくらい期待して良いのか、とか。多分友達に、「ルミガン使ってる?」的なこと聞いても実際教えてくれないと思うんですよね。女性ってそういう努力、他人、特に女性には知られたくないみたいですから。

じゃあネットで探してみようと思っても、思ったような画像は出てこないんですよね。できれば、使用前と使用後みたいな感じで、明確に効果を実感できるような画像があるといいのですが…出てくるのはルミガン商品自体の画像だけ。あとチラホラと副作用の症状らしい色素沈着の写真とか。結局効果は人によるってことなのでしょうか?まぁ育毛剤だって、長年使い続けても人によっては全然効果ない場合もあるそうですからね。うーん、まぁ大した値段でもないので、試しに2~3か月くらい使ってみるのも良いでしょうか?

まつげ美容液のルミガン、日本で普通に買いたいです

バイトの職場で、まつげを伸ばしてくれる美容液があると聞いて、即日薬局に買いに行きました。でもいくら探してもそれらしき薬は見つからず、店員さんに聞いてもそういうのは無いと言われました。結構大きい薬局なのに、と不思議に思ってまずはその薬自体を調べてみると、日本ではまだ認可されてなかったんです…そりゃあ無いはずです。

認可されてないということは、日本の薬局ではまず売ることはできないし、病院に行っても処方してもらえません。あ、正確に言えば、病院では一応海外から取り寄せてもらって、処方してもらうことはできるそうです。しかしそれだと、未承認薬使っているため、薬代に他のもろもろの、何時もなら保険適用でカットされている分まで自分でお金出さないといけないのだとか。つまりこれって、事実上利用不可能な方法じゃないですか。だからと言って個人輸入なんて、聞いたことも無い方法使うのもちょっと躊躇われます…できれば早く認可されて、普通に薬局で買えるようになってほしいです。

ルミガンは緑内障でも処方してもらえるけど…

まつげ美容液の成分って、緑内障治療でも使用されているんですね。ということは、まつげ育毛目的は認可されていなくても、緑内障治療目的は認可されているってことですよね。それなら、何も慣れない個人輸入を利用しなくても、緑内障の治療薬薬局で買って、それまつげの所につければお得なんじゃないかなと思い薬局に行ったのですが…緑内障治療の点眼薬、病院でしか処方してもらえないジャンルに分類されていると店員さんが教えてくれました。

まぁ、そう簡単にはいきませんよね。でも、病院でしか処方してもらえないとなると、もう事実上国内の機関では購入不可能ということになりますね。緑内障って、口頭で自覚症状説明する部類じゃなくて、思いきり医者に目を見られて症状確認されますから(まぁこう考える時点で、緑内障の人のものすごく失礼かもしれませんが)。ということは、やっぱり個人輸入に頼るしか方法は無いんですね。でも、今年は特に乾燥が酷くその分目をこすってしまい、まつげの抜ける量が半端じゃないので…背に腹は代えられません。ちょっと不安ですが、思い切って個人輸入をしてみようと思います。

 続きを読む

ケアプロスト - ルミガンより安価なジェネリックまつげ美容液の通販
ちょっと待って!ケアプロストの偽物に注意!?通販でする前に確認すべき重要事項。
ラティースルミガンの効果・副作用ケアプロストHOMEへ戻る